図書館


ページ番号1001155  更新日 平成29年10月13日


 中央図書館と、森の図書館、木の図書館、4つの分館(南流山分館・北部分館・初石分館・おおたかの森こども図書館)で、地域をネットワークしたサービスを展開しています。

 図書館の利用は無料です(ただし、複写サービスは有料です)。

サービス内容

開館時間

中央図書館

午前9時30分〜午後8時まで(日曜日・祝日は午後5時まで)

森の図書館

午前9時30分〜午後8時まで(日曜日・祝日は午後5時まで)

木の図書館

午前9時30分〜午後8時まで(日曜日・祝日は午後5時まで)

南流山分館

午前10時〜午後8時まで(日曜日・祝日は午後5時まで)

北部・初石・おおたかの森こども図書館

午前10時〜午後5時まで

休館日

利用案内

本などを借りるとき

 初めて本などを借りるときは、身分証明書など住所・氏名を確認できるものを持参してください。本などが借りられる〈利用カード〉を発行します。本などの貸し出し期間は2週間です。(本と雑誌合わせて10冊、AV資料は別枠です。)

本を返すとき

 本は、市内のどこの図書館でも返すことができます。場所については、子育て関連施設一覧を参照ください。駅に設置してある返却ボックスも利用できます。(AV資料を除く。)

パスワードを登録したいとき

 利用カードと住所または在学、在勤先を確認できるものを持参してください。パスワード利用申込書をお書きいただいた後に仮パスワードを発行します。仮パスワードでは、貸出予約、予約取消などはできません。ご自宅のパソコンまたは館内に設置してある検索機(OPAC)で本パスワードに変更してください。市民、在学、在勤者に限ります。

お問い合わせ

中央図書館
電話:04-7159-4646

本を読んであげましょう。

 「ねぇ、本読んで」
 何度、この言葉を子どもの口から聞いたことでしょう。
 子どもは、本(絵本)を読んでもらうのが大好きです。気に入った絵本は何度でも繰り返し繰り返し読んでほしいものなのです。

 お母さん、お父さん、保護者の方が、子どもに本を読んであげることは、とても大切なことだと思います。本の読み聞かせは、場所をえらばず、どの年齢の子どもにも(妊娠中のお腹の赤ちゃんにも)優しく語りかけられる、愛情のプレゼントです。本を読み聞かせることによって、子どもは想像力を豊かにし、素晴らしい感性を育みます。

 おやすみ前のひとときなどは、いいチャンス。ゆっくりじっくり親子で向き合い、よい本をたくさん読んであげましょう。

[画像]本の読み聞かせをしているイラスト(16.6KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


生涯学習部 図書館
電話:04-7159-4646
ファクス:04-7159-4765
〒270-0176
流山市加1丁目1225番地の6 流山市立図書館


[0] 流山市|都心から一番近い森のまち [1] 戻る

Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All rights reserved.