市外の皆様、ようこそ流山市のホームページへ


ページ番号1003866  更新日 平成29年9月15日


都心から一番近い森の街

 流山市は、秋葉原駅からつくばエクスプレス快速で約20分の、緑豊かな落ち着いた住宅都市です。南北7キロ、東西5キロの比較的小さな街ですが、緩やかな起伏に森が残る市内には、つくばエクスプレス、JR武蔵野線、常磐線、東武野田線、流鉄流山線など5線11駅があり、主要駅からはバス網も整備され交通アクセスは快適です。

良質な環境住宅都市

 市内には、つくばエクスプレス・流山セントラルパーク駅周辺に、樹木で鬱蒼とした森のような総合運動公園や、斜面緑地、つくばエクスプレス・東武野田線流山おおたかの森駅近くには、オオタカが生息する市野谷の森が広がるなど、市内には森や緑地がいたるところにあります。
 また、日本土木遺産100選のひとつに選ばれた「利根運河」沿川には、千葉県北西部の原風景と、貴重な鳥や昆虫、植物が数多く見られ、隣接する東京理科大学の理窓会記念公園と相まって、一大エコパークを形成しています。
 緑豊かな環境の流山市内の住宅街ではガーデニングが盛んです。毎年5月には市民のガーデニングクラブ主催によるオープンガーデンが市内全域で開催されます。毎年、全国から2万人にのぼる方々がオープンガーデンブックを片手に散策されています。
 人口に対する公園の数では、流山市は首都圏で多く、また市民一人当たりの公園面積も、東京近郊の都市では多く、緑豊かな街となっています。
 江戸時代から江戸川の水運で発展し、みりんの一大産地でもあった流山市は、明治初期には葛飾県庁が置かれ、千葉大学の発祥の地など、歴史と文化の街でした。その後、常磐線が流山を外れ、高度成長時代の急速な都市化の時期にも、ゆったりとした区画の低層の戸建て住宅街が形成されました。そのため都心から近い、落ち着いた住宅都市になっています。特に田園調布に似せて作られた江戸川台、松ヶ丘、平和台などは東京近郊でも秀逸な住環境で知られています。

母になるなら、流山市

 流山市の人口構成は、市制施行以来、団塊の世代の方々が一番多い街でした。しかし、この数年間、子育て支援や教育環境の充実に力を注いできた結果、子育て世代の方々に選ばれる街となりました。現在では30代、40代が一番多く、こどもたちの数も多いため、若々しい活気に満ちた街になっています。
 流山市では若い世代の子育て支援に積極的に取り組んでいます。全国でも数少ない、市内すべての保育園にお子様を送迎する市内2か所の駅前保育送迎ステーション、耐震工事はもとよりエアコンの導入も完了している教育施設、チームティーチングを導入した算数・数学、全中学校に配置したネイティブALTや小学校の英語指導員により英語教育に力を入れています。
 平成27年春には市内初の小中併設校が開校し、さらに英語教育に定評のある私立小学校も平成28年4月に開校しました。

ずっと住み続けたい人が8割、選んで住んでいる人が62%の街

 子育ての街、森の街、良質な街、美しい街、楽しい街。そんな流山市の市民定住志向率80%は首都圏でもトップクラスの評価をいただいています。さらに流山市を希望して住まいを決めた方が62%(平成25年度転入者アンケート)と、流山市に対する信頼度や期待度も高まっています。
 今も、これからも、末永く住み続けられる街を形にするために、職員一丸となって取り組んでいます。都心から20分、美しい四季を楽しめる街「流山」にお出かけください。大切な家族を育むための環境がそろった「都心から一番近い森の街」流山市は、あなたをお待ちしています。

平成28年4月
流山市長 井崎義治


総合政策部 マーケティング課
電話:04-7150-6308
ファクス:04-7150-0111
〒270-0192
流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階


[0] 流山市|都心から一番近い森のまち [1] 戻る

Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All rights reserved.