介護保険制度について


ページ番号1000795  更新日 平成29年9月15日


介護保険制度の仕組み

 急速に進む高齢化社会、核家族化に伴い介護を必要とする方は年々増えており、介護の問題が老後の大きな不安要因となっています。しかし、家族だけで介護を担うには限界があることからみんなで保険料を負担し合い、介護を社会全体で支えていこうとことで介護保険制度が誕生しました。

介護保険の被保険者

1号被保険者

 65歳以上の方です。
 介護が必要な状態になったときは、要介護認定を受けて必要な介護サービスを受けることができます。

2号被保険者

 40歳以上64歳までの医療保険に加入されている方です。
 脳血管疾患など法律で定められた特定疾病が原因で介護が必要な状態と認められた場合には、介護保険のサービスを受けることができます。

介護保険の保険料

1号被保険者

 65歳以上の方の保険料は、年金から差し引かれるのが原則です。
 年金の額が年間18万円に満たない方あるいは年度途中で65歳になられた方などは、市から送付する納付書を指定された金融機関にお持ちになってお支払いください。

2号被保険者

 40歳以上64歳までの方の保険料は、加入する医療保険の保険料と合わせてご負担いただき国に納められます。

介護保険の認定手続き

 介護保険のサービスを受けるためには、要介護認定を受ける必要があります。
 申請できるのは原則65歳以上の方ですが、40歳以上64歳以下の方でも特定の疾病により介護が必要になった場合は、介護保険のサービスを受けることができます。

介護保険で受けられるサービスについて

 介護保険では様々なサービスを受けることができます。
 サービスの種類や内容、事業者をご紹介しています。

苦情や不服申し立て窓口

 介護保険に関しての苦情などがある場合の窓口をご紹介しています。

関連情報

 介護保険に関係するホームページをご紹介します。


健康福祉部 介護支援課
電話:04-7150-6531
ファクス:04-7159-5055
〒270-0192
流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階


[0] 流山市|都心から一番近い森のまち [1] 戻る

Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All rights reserved.